ページタイトル画像

ページタイトル画像

HIGHLY SKILLED

高い技術

製造に対するこだわり

私たちは「お客様の要望が何処にあるのか」「使う人が納得できるのか」を常に意識しております。

ものづくりの前段階には、想像とそれに基づく設計が必要で、それがものづくりの根拠となります。

私たちは、近年の機械化によるデータ化されたものづくりを受け入れてはいません。短時間に沢山のものを作ることよりも、職人の技によって成し得えたハサミの方がより価値あるものだと信じております。

製造に対するこだわり

ネジ周り構造

ネジ周り構造

鋏は2枚の刃が重なってできています。使う時の刃が開いた状態では、刃と刃がX状の不安定な状態になります。それを安定させるために、ネジの周りを円形に設計しました。


さらに、その円形部分にベアリングを装着することで、ネジの圧力も安定して伝わり、結果的に切断力が向上しました。これが円形立体触点です。

LSBS加工・ナイフエッジ

LSBS 加工・ナイフエッジ

LSBS 加工・ナイフエッジ

LSBS とは、LimitLessly Shallow Back Surface の頭文字で、「鋏の刃、裏面」を指しております。従来は裏面が凹み状の「くぼみ」になっておりましたが、LSBS はその「くぼみ」をフラットな面にすることで、より多くの体積を確保することが出来ました。


これによって、刃元から刃先まで一定の刃角度による鋭い刃が形成出来るようになり、ナイフエッジと呼んでおります。

切れ味はその名の通りで、今までにない鋭い切れを体感できます。また、動刃と静刃の間に髪が溜まることを防ぐため、大変気持ちがいい使い心地です。


そして、鋏は「研ぐ」ことで少しずつですが形が変化し、回数を重ねますとやがて寿命を迎えますが、LSBS は研ぎによる形状の変化で裏面が影響を受けることはありません。

従って、これまでと比較して格段に寿命が延び、長年の使用に耐えうることが出来るのです。

鋼材

鋼材

鋼材

鋏の材質は特殊ステンレスと呼ばれる刃物用鋼材を用いています。

当社製品は刃物業界においては世界的な評価を得た最高級材料で製作されております。特徴としては非常にきめの細かい粒子からなっており、それが故に鋭い刃が長く保ちます。


理由は動刃と静刃が互いに擦れ合い、避けることが出来ない摩耗を抑制出来るからです。一方で粒子の粗いものは先端部分の摩耗が激しく、尖った状態を保持できません


図にあるように比較しますと、きめの細やかなものは粒子が小さく、摩耗も最小限で抑えられます。さらに細やかな粒子はお互いに密着して整列しています。

それが「しなやかさ」につながり、さわやかな切れ味を提供しております。

セミオーダーシステム

セミオーダーシステム

カットシザーでは、技術に合わせて刃線と刃形を選び、セニングシザーでは、カット率とヘッド形状でスキ方を選ぶことができます。


また、手に合わせてハンドルも選んでから作ります。お客様一人ひとりの要望に合わせて仕上げるシステムです。

そのため納品までに数週間のお時間を頂戴しております。